母子家庭で生活が苦しい状況から脱出する方法

母子家庭になって生活が苦しい状況から脱出した知人の体験談を紹介します。

知人は離婚して3歳の娘を抱えながら育児徒と共に働き始めました。経済的に苦しかったですか、子供のために必死になって頑張り今では自立して余裕を持った生活を送れるようになっています。

現在お子さんとともに頑張っているシングルマザーの固いには大いに参考になりますので最後までお読みいただければと思います。

母子家庭になった時の収入は5万円しかなかった

子供がまだ3歳でしたし預けられるところがなかなか決まらなかったので、 長時間子供を家において働くことができませんでした。特別な資格もありませんので私ができることとはSOHOだけでした。

子供を寝かしつけた後に寝る間を惜しんで外注のライターをしていたのですか、最初の月の収入は5万円でした。これでも必死になって倒れる寸前までやったうえでの5万円だったのです。

これではとても子供を養っていくことができないし、私自身も倒れてしまうと思いましたので、子供を育てながら生活していくためには収入がどれだけ必要なのか改めて試算しました。

生活するためにはお金が必要

生活費をいくら切り詰めていたとしてもお金が必要になることはいつ起きるかわかりませんし、病気をしてしまえば治療費が必要となります。入院などすることになれば長い間働けなくなってしまいます。

わが家では最低でも月25万円は生活するために必要だということがわかりました。母子家庭は生活が苦しいためにその日暮らしの状況が続いてしまうかもしれません。しかし、子供は年齢を重ねるにつれ教育費などがさらに必要となります。

貯金が出来なければ先の見通しを立てることはできません。働いても生活ができないのであれば生活保護などの支援を受けることも検討してください。

絶対に避けなければならないのは母子共々共倒れしてしまうことです。私は子供が大きくなるまではフルタイムで働けなかったので、子供が小学校に入学した時に正社員として働けるよう生活保護を受けながらに資格を取得するための勉強をする計画を立てました。

生活費の目処が立ちましたら節約もして将来のために貯金も続けています。 収入の10%ほどを貯金に回すことができれば理想的です。

もし貯金に回す余裕がないのであれば現在の収入に見合った生活ができていないということです。その場合はさらに節約するか収入を増やす努力が必要となります。

仕事を探す上で生活できるだけの収入を得られるかが重要となります。ハローワークや求人サイトを見ればわかりますが様々な仕事があります。母子家庭だから月何十万も給料をもらえるなんて無理だと決めつけないで、様々な仕事や職種を探してみてください。

探し続けさえすれば仕事は見つかりますし、自分の希望に合うものだって見つかることができます。

経済的に余裕がないということはとても苦しいことです。そんな状況でも頑張っている母親の背中を見た子供はお母さんが頑張っていることをわかってくれます。

私は生活保護を受けながらCADの勉強をしました。子供が小学校に入学した時から今の事務所に働き始めました。今では年収を500万円超えるようになり生活保護の受給がなくても自立して生活できるようになっています。

母子手当(児童扶養手当)の受給も受けていませんし、他の母子家庭の支援制度も必要のないだけの収入を得ています。。

これも自分一人の力ではなく支援制度を受けられたからこそ今の状況があるのです。

母子家庭のお母さんは一人で苦労を背負いがちになりますが、支援制度に頼るということは当然の権利です子恥ずべきことではありません。

子供の為を思えばお母さんは何だってできるものです。経済的に自立ができれば精神的余裕ができますし、奥さんと共に幸せな生活を送れるようになります。

現実からから逃げることなくお母さんと子供のために頑張っていただきたいと思います。